ネットでの動画配信はどのように行えばいいのか

昔はサーバーを独自に借りて行う必要があった

動画配信システムを使って、商品の紹介やゲーム実況を行い、広告収入を得ている人が増えています。以前は動画をインターネット上で配信することはかなり敷居が高いことでした。というのは、まず、サーバーと契約する必要があったのですが、動画ファイルをただアップロードしても、ブラウザでそのファイルにアクセスしてしまうと利用者のパソコンにダウンロードされることになり、再生もパソコン上で行われました。なので、動画配信サービスが使っているストリーミングと呼ばれる技術、つまりブラウザで動画ファイルにアクセスするとブラウザ上で再生されることはありませんでした。

ストリーミング再生が可能かどうかがポイント

ストリーミング再生をできるようにするためには、サーバーに専用のプログラムをインストールする必要があるのですが、共用レンタルサーバーではインストールが不可能なため、専用サーバーを借りなければいけませんでした。専用サーバーのレンタル費用は共用サーバーの費用と比べるとかなり高価なので、個人が動画の配信を行うのは難しかったというわけです。しかし、現在は動画配信の始め方が非常に簡単になっていて、費用もかからず、知識もほとんど不要になっています。

現在はリアルタイムの放送も安価にできる

では、具体的にどのように行えばいいのかというと、まず動画共有サービスのアカウントを取得します。そうして、スマートフォンなどに保存されている動画ファイルをアップロードするだけです。タイトルなどは別に設定する必要がありますが、基本的にはこれだけの工程で配信を始めることができます。ライブストリーミング、つまりリアルタイムでの配信を行う場合は、パソコンに動画カメラを接続する必要がありますが、カメラの値段は非常に安く、カメラについて詳しくなくても問題なく行えます。

ストリーミングとは音声や動画の配信方法で、現在様々な動画配信サイトで利用されています。無料で利用できるサイトも多いです。