SEO対策をしたホームページの作り方

ホームページを作る目的

テレビ・ラジオや新聞・雑誌といった既存メディアと違い、インターネットは誰でも情報発信できる新しいメディアとして発展してきました。個人や自治体・企業が独自のホームページを持つという現象は、この20年間ですっかり定着しています。趣味の分野での情報交換から企業の営業活動に至るまで、その目的も千差万別です。

ホームページを作るだけで満足する人も少なくありませんが、1人でも多くの人に見てもらうためにはそれなりの工夫が欠かせません。その点では個人であれ企業であれ、どの目的にも共通するはずです。特に企業では経営に役立てようという目的から自社ウェブサイト公開に踏み切る例が多く、情報発信力が大きく問われるのです。

企業ホームページには検索エンジン対策も不可欠

企業ホームページの作り方では、何よりも検索エンジン対策が重要です。インターネットを利用する人の多くは知りたい情報について検索エンジンを利用し、キーワードを入力しています。検索結果のうち、たいていの人は多くても2ページまでしか見ていません。1ページ目で知りたい情報が得られれば、それ以上はチェックしないものなのです。

1人でも多くの人に自社サイトを見てもらうためには、有名な検索エンジンで上位に表示される必要があります。世界チップシェアの検索エンジンは独自の判断基準を持っており、キーワードに対して有用と判断したページほど上位に表示します。その判断基準を推定し反映させたウェブページの作り方があるのです。

ホームページ制作会社のSEO対策

こうした検索エンジン対策のことをSEO(検索エンジン最適化)と呼びます。企業担当者がSEO対策まで考慮した自社ウェブページを作るのは、よほどの知識がない限り難しいと言えます。CMS(コンテンツマネジメントシステム)やホームページ制作ソフトを使えば、見栄えのいいページを作ることはできます。そこにSEO対策を盛り込むのが難しいのです。

ホームページ制作会社はSEO対策のプロですから、多くの人に見てもらえるページの作り方も心得ています。それなりの費用もかかりますが、自社ページが検索エンジンの上位に表示されれば費用以上の効果を得ることも可能です。多くの企業がこの方法で自社の魅力をアピールしているのです。

ブログよりも多くの情報を、自由なデザインで提供できるのがホームページです。一般的なホームページ制作は、プロバイダからアドレスを取得、専用ソフトでホームページデータを作成、アップロードして、公開します。