ネット誹謗中傷の実態について

ネット誹謗中傷について

誹謗中傷はいじめや体罰でよく問題になりますが、特にハードルが低いかつ最も危険だとされているのがネット誹謗中傷です。このネット上の問題では相手のことを考えずに傷つけるケースが多数存在しています。時には、脅迫や犯罪予告、殺人予告のケースも起こっています。このような行為は名誉棄損罪となり、アカウント停止や投稿ブロックの処罰を受けることになります。最悪の場合は逮捕まで至ることがあります。基本的には誹謗中傷はウィキペディアでは禁止されています。

ネット誹謗中傷での事件の事例

ネット誹謗中傷は時には、事件を引き起こすことがあります。その最も知られている例としてはスマイリーキクチ中傷被害事件が挙げられています。この事件は1999年に起きた女子コンクリート詰め殺人事件でキクチさんがネット上で犯人に仕立て上げられて、問題となっていました。このような凄惨な中傷がきっかけでネット上で中傷の書き込みをした加害者が一斉に逮捕される展開になりました。このような事件がきっかけでネット誹謗中傷の問題が明るみに出るようになりました。

ネット誹謗中傷の対策方法

 このように様々な問題が起こっているネットでの誹謗中傷ですが、それに対する対策も講じられています。

 誹謗中傷は人の感情を傷つけてしまうので、動揺したり、怒りを覚えることもあります。でもその状態ではこの問題の根本的な解決には至りません。なので、誹謗中傷のコメントの事実関係との関連や、法律ではどの部分に当たるのかをきちんと調べてから警察に訴えることが一番の解決方法です。また、誹謗中傷コメントを削除したい場合は管理者に削除依頼することが一番の手段です。

逆SEOとはSEOの逆、すなわち、検索エンジンの表示順位を下げるテクニックです。逆SEOをすることで、ネット上の誹謗中傷や風評被害から企業を守ることができます。